東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

お題「思い出のWebサービス」

お題「思い出のWebサービス」

 

高校生の頃、@niftyというサービスがありました。

 

当時はパソコン通信と呼んでいた気がするのですが、インターネットのごく初期の時代で、今のように光回線なんてものはなく、ADSLもなく、純粋に電話回線につないで通信できるものがあったんです。

 

なので、パソコン通信をしている間は家の固定電話が使えない、という。。。

もちろん携帯電話なんてない時代でした。

 

それで、その@niftyにはチャットで全国の人とやりとりできる場所があって、みんなが思い思いに好きなことを話していたんですね。

チャットなので、どんどん会話が流れていって、自分が答えを入力する頃には、もうその話題はとっくに流れた後なんてよくありました。

 

そこで、私はどうしてもタイピングが早くなりたいと思い、父にタイピングソフトを買ってもらったのです。

 

今ならゲーム要素の多少あるタイピングソフトも沢山あると思うんですが、当時は無味無臭、無色透明のひたすら表示されている言葉を入力するだけのソフトでした。

 

それでもコツコツ練習し、徐々に入力するのが早くなっていくと、今度はパソコン通信のチャットが遅く感じるようになっていきました。

 

自分が入力しても、なかなか他の人の返事が来ない。やっと来たと思ったら、とても短い文章。

 

せっかくタイピングを練習したのに、結局チャットのスピードの遅さが逆にストレスになって、辞めてしまう結果になりました。

 

その後、無事大学に合格し、クラスでパソコンの授業があった時、ダントツでクラス1番のタイピングスピードだったのは良い思い出です。

 

ちなみに、医師として働き始めて、一番役に立っているスキルも、やはりタイピングです。

 

研修医の頃は、指導医レベルの先生方が人差し指で一つ一つタイピングしているのを見て、何て時間がもったいないんだ、と思ったものです。

 

ということで、まだタイピングスピードがゆっくりの方は頑張ってタイピングを練習しましょう。

 

本当に役に立ちます。