東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

性格が変わる卵巣腫瘍

今回は

 

性格が変わってしまう卵巣腫瘍

 

について説明したいと思います。

 

正直、私自身は10年以上産婦人科医をしていて、診たことがありません。

 

学会や論文で、そのような卵巣腫瘍がある、という話を聞くレベルにとどまっていて、もし関わることがあれば、診断しなければいけないな、と思っている疾患です。

 

というのも、見つかるキッカケが「突然の性格変化」なので、なかなか婦人科を受診されることにならないんですよね、、、

 

そんな訳で、今日は性格が変わってしまう卵巣腫瘍について、論文を交えながら紹介したいと

思います。

 

まず、肝心の病名としては

 

抗NMDA受容体脳炎

 

と言います。

 

これは、記憶や学習にまつわる脳の中のNMDA受容体という部分を障害してしまうために、さまざまな神経症状が出る病気です。

 

2008年には国内で100名の報告がありましたが、その9割は女性であり、年齢の中央値は23歳でした。

 

また、その60%には卵巣腫瘍の一種である「奇形腫」を合併すると言われています。

 

早めに卵巣腫瘍を見つけて摘出してしまうことが、その後の経過に最も良いと言われているので、婦人科医としては頭に入れておきたい疾患です。

 

典型的な症状の出方としては、まず最初に発熱や頭痛、体のだるさのような風邪症状が出ます。

 

次に、無気力、無関心、うつ、不安などの感情障害が始まり、さらに幻覚や妄想など統合失調症のような症状が急激に進みます。

 

そして、今度は逆に動きがなくなって、言葉も喋らなくなり、周りからの刺激にも反応しない状態が出てきます。

また、口や手が自分の意図しない動きをし始めることもあります。

 

 

以上のように、今まで何ともなかった女性が、急に性格変化をきたした場合には、卵巣腫瘍の合併がないかどうかを考えないといけない、という疾患について説明しました。

 

なかなか性格変化で婦人科を最初に選ぶことはないと思いますが、近くの方に急な性格変化を認めた場合は、婦人科受診も検討してもらえればと思います。