東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

子宮筋腫の治療法について

健康診断で子宮筋腫があると指摘された方は多いと思います。

統計上は女性の3割近くに子宮筋腫があると言われているのですが、子宮筋腫自体は大きさや位置によって治療法が大きく変わってきます。

そこで、今回は子宮筋腫の治療法について詳しく説明していきたいと思います。

 

まず、子宮筋腫に対して治療が必要かどうかを分ける一番の基準は、子宮筋腫による症状で困っているかどうかです。

 

子宮筋腫による症状としては、生理の量が多くなって貧血が進行したり、とても大きい子宮筋腫の為に膀胱や直腸が圧迫されて、頻尿になったり便秘になったり。子宮筋腫が出来る位置によっては不妊の原因になることもあります。

 

そういった様々な症状で困っているかどうかにより治療するか決めていくことになります。

 

子宮筋腫の治療方法

  • 手術 一番シンプルな方法は手術をして筋腫を取ってしまうことです。手術方法としては、開腹手術と内視鏡手術のどちらもあります。開腹手術では傷が大きくなってしまいますが、手で触りながら筋腫を見つけられるので、取り残す筋腫の数が少なくて済みます。内視鏡手術では傷が小さくて済むのですが、内視鏡というカメラ越しに筋腫を確認するだけになり、小さな筋腫は取り残してしまう可能性があります。いずれにせよ、非常に小さい筋腫は取れないまま終わることがあるため、一度手術をしても、数年単位で再発する可能性は十分あります。

 

手術に関してですが、妊娠を考えている方では、子宮筋腫の手術をするタイミングが難しくなります。30代後半になってくると自然妊娠の可能性が下がってくるため、筋腫の手術を先にするのか、筋腫はそのままにして妊娠するのか、相談する必要が出てくるのです。

 

筋腫を取る手術をした場合には、術後半年前後は避妊期間が必要になります。あまり早くに妊娠すると、筋腫を取るときに縫った子宮が避けてしまう危険性があるためです。そのため、筋腫をそのままに不妊治療を始めるのか、筋腫の手術を先にしてしまうのかは、しっかりと相談して決めていく必要があるのです。

  

  • ホルモン治療 ピルを飲むことで筋腫が縮むこともありますし、閉経状態に持ち込む薬で筋腫を縮めることもあります。ただ、閉経状態を早めることで更年期症状が出てしまったり、骨密度が下がってしまうことも。骨密度の観点からも、閉経状態に持ち込む薬は半年しか使えないことになっています。以前までは月に1度の注射しか方法がなかったのですが、2019年になってからは飲み薬も発売された治療法になります。
  • UAE これは子宮動脈塞栓術と言って、子宮を栄養している血管にスポンジを詰めて血流を遮断し、筋腫を縮める方法です。統計的には、この治療によって筋腫が半分程度に縮まると言われています。ただ、この治療をした後に妊娠すると、癒着胎盤など胎盤の異常が多くなる、という論文もあるため、これから妊娠を考えている方の治療としては、まだ結論が出ていない状況です。出来る病院がかなり限られているので、もし希望のある方は、通える範囲内で病院を探してみてはどうでしょうか。

 

都内では、これらの病院が子宮動脈塞栓に対応しているようですが、比較的特殊な治療法で担当される医師が転勤になると対応できなくなることもあるため、その都度病院に問い合わせていただければと思います。

 

https://byoinnavi.jp/tokyo/k12

 

  • FUS これは超音波集簇治療といって、お腹の上から超音波を当てて子宮筋腫の組織を焼く治療方法です。あまり大きすぎたり、数が多い時には適応にならないこともあるため、詳しくは担当医とご相談ください。

 

上で説明した子宮動脈塞栓術と同様に出来る病院はかなり限られています。

都内では、板橋中央総合病院が有名ですね。

https://www.ims-itabashi.jp/fus/

 

以上、子宮筋腫の治療法について説明しました。

 

一番大事なのは筋腫によってどの程度困っているかになります。子宮筋腫自体は非常によくあるものなので、検診で指摘されても、それほど不安にならずに、時間を見つけて相談してもらえればと思います。