東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

デリケートゾーンにイボが出来たとき コンジローマかも

デリケートゾーンは比較的、出来物ができやすい部分です。

 

多くの場合は、毛嚢炎といって毛穴にバイ菌がはいって腫れてしまうケースや、粉瘤といって皮脂がたまる出来物が出来るのですが、中にはコンジローマと言って性感染症による出来物が出来ることがあります。

 

そこで今回は、コンジローマについて説明したいと思います。

 

コンジローマの原因は、HPVというウイルスが原因となる性感染症です。

子宮頸がんの原因として有名なHPVですが、その種類は180種以上あると言われており、コンジローマはそのHPVの中でも6型や11型が原因の90%を占めています。

 

感染経路は?

性的接触により感染するのですが、潜伏期間は3週間~8カ月(平均3カ月)とかなり長い間潜伏していることがあります。

腟の周りや肛門周囲にできるのですが、よく見れば鶏のトサカのような細かくトゲトゲしていることがあります。それが徐々に大きくなっていき、あまり長い間放置しておくとかなり大きいイボになることも。

 

そのため、気になる出来物があるときには、早めに受診してもらうことが必要です。

小さい子どもに感染が見られることもあり、その場合には性的虐待を考慮する必要がありますが、両親の手指を介して感染することもあると言われています。

 

治療法は?

治療法にはいくつかあるのですが、一番簡単なのは塗り薬を継続してもらうことです。外科的に焼いたり切除することもあるのですが、塗り薬の方が痛みが少ないので一番に選択することが多くなっています。

 

イボの部分に1日1回、週に3回、寝る前に塗布し起きた後に石鹸で洗い流すことが大切です。比較的強めのお薬なので、イボではない部分に付着してしまい、そのまま置いておくと赤く腫れてしまうことがあるので、しっかり洗い流すようにしてください。また、どうしてもイボの周りの部分についてしまって痛くなる時には、しばらく使うのを控えて、改善してから塗るようにしてください。

 

多くの場合はそれで治るのですが、仮に治ったとしても3カ月以内には25%が再発すると言われているので、経過観察は大切になってきます。

 

妊娠中のコンジローマについて

妊娠中にコンジローマが見つかった場合は、基本的には外科的切除が第一選択になります。上で説明したような塗り薬に関しては、まだ妊婦さんに対して使用数が少ないため、安全性の評価はこれから、という状況です。

そして、問題となるのがコンジローマの原因であるHPVが赤ちゃんに感染した場合です。HPVが感染すると、再発性呼吸器乳頭腫症という病気を発症することがあります。これは子供の気管に乳頭腫というイボが出来てしまい、声枯れの原因になったりするのですが、イボが大きくなって気道をふさぐこともあり、手術をして切除することになります。しかも、この乳頭腫は再発しやすいため、手術を繰り返すことも。

 

そのため、コンジローマが見つかった場合には、しっかりと治療することが大事であり、腟の中に大量にコンジローマが出来ている場合には、帝王切開をすることもあるため、しっかりと相談して方針を決めましょう。

 

以上、デリケートゾーンにできやすいイボの中でもコンジローマについて説明しました。

見慣れていない方だと、腟前庭乳頭腫というものをコンジローマだと見間違えることもあります。どちらも腟の入り口に見られるものですが、腟前庭乳頭腫は治療の必要がないものなので、もし心配なことがあれば、婦人科で相談するようにしましょう。