東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

クラミジアや淋病の検査、受けていますか?

クラミジア感染症は世界で最も多い性感染症であり、症状が出ないこともあるため、非常に厄介な病気です。

感染したまま放置しておくと、強い腹痛の原因となったり、不妊症の原因になることがあるのです。

クラミジア自体は性行為によって腟の中から感染します。腟や子宮に留まるだけでなく、子宮を通り越してお腹の中にまで感染が広がってしまうと、下腹部だけでなく、肝臓のあたりまで痛みが広がることもあるのです。

また、クラミジアの感染が子宮に繋がっている卵管という細い管にまで広がってしまうと、癒着という状態を引きおおこします。癒着は、本来くっ付いていない臓器どうしがペタペタとくっ付いてしまうことで、それが原因で卵管の通り道が潰れてしまうと、不妊症の原因となるのです。

 

癒着そのものは、生理痛の原因となる子宮内膜症や、手術の影響でも起きうるのですが、癒着によって軽い痛みが続くこともあります。癒着そのものを改善する薬はないため、一度癒着してしまった場合は、長いお付き合いをしていくことになります。(もちろん、癒着による痛みがとても強い場合には手術をして癒着を剥がすこともあるのですが、その手術そのものが再び癒着する原因にもなりうるため、完全に痛みを取り切ってしまうのは非常に難しい話になります。)

 

そこで、今回はクラミジア感染症について説明したいと思います。

 

クラミジア感染の症状

感染してから1~3週間ほどで症状が出ることがあります。

お腹の痛み、おりものの増加、不正出血、性交痛などが典型的な症状ですが、クラミジア感染者の半数以上は症状が出ないとも言われているため、疑わしいときは積極的に調べる必要があります。

一方で男性の方もクラミジア感染による症状は比較的出にくいと言われています。排尿痛や尿道からの分泌物が疑うきっかけとなりますが、20代の無症状の男性の5%に感染が認められた、という報告もあるくらいなので、やはり疑わしい時には検査をするしかありません。

 

クラミジアの検査

女性の場合はおりものを調べる検査、男性の場合は尿検査でクラミジア感染の有無を調べることができます。また、女性の下腹部痛が強く、お腹の中の感染が積極的に疑われる場合には、血液検査をすることもあります。

 

また、オーラルセックスの普及によりのどにも感染している可能性が高くなってきており、おりものにクラミジアが認められた場合は、10~20%にのどにも同時感染していると言われています。

 

のどに関しては、うがいの検査で調べることができます。

 

クラミジアの治療

アジスロマイシン(ジスロマック)という抗生物質を1日だけ飲むことが多いですが、治らないこともあるので、治っているかどうかの再検査は必要です。また、再検査にて治っているのが確認できるまでは性行為も禁止になります。もし、この抗生物質で治っていない場合は、別の種類の抗生物質を使うことになります。

 

 

以上がクラミジア感染症に関する説明になるのですが、クラミジア感染者の10%には淋菌も同時に感染していると言われているため、ここからは淋菌について説明したいと思います。

 

 

淋菌について

クラミジアと同様に性行為によって感染し、おりものの増加や不正出血が出ることがありますが、女性の5割は症状がでないと言われています。一方で男性の場合は感染後数日で灼熱感のある排尿痛が出現することが多いため、比較的気づきやすい病気です。1回の性行為による感染率は30%程度と言われており、パートナーの症状が疑わしい時には検査をする必要があります。

女性の場合は、クラミジアと同様に不妊症の原因となったり、激しい腹痛の原因となることもあります。

 

淋菌の検査方法

女性の場合は、おりもの検査。男性の場合は尿検査で診断を付けます。しかし、子宮に淋菌感染症が見つかった方の10~30%には咽頭感染も見つかっているため、うがいの検査を受けることも必要です。

また、淋菌感染症の20~30%にはクラミジア感染症も合併しているため、クラミジアも同時に検査する必要があります。

 

淋菌の治療方法

抗生物質の飲み薬だけで治療することは勧められておらず、点滴をすることが多くなっています。

 

 

以上、クラミジア、淋菌について説明してきました。

 

いずれも無症状である可能性や、放置すると腹痛や不妊症の原因となることなどから、疑わしい場合には積極的に検査をする必要があります。

 

また、パートナーが感染していた場合には、必ず検査を受けること、治ったかどうかの確認が必要なこと、お互いが治っているのが確認できるまでは性行為は禁止であることなど注意する点もあります。

 

「まぁ、大丈夫か」と油断せずに、心配な時にはしっかりと検査を受けるようにしましょう。