東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

妊娠中の運動について

以前、妊娠中の運動についてブログに書きました。

 

https://www.obgyne.work/entry/2019/10/11/165437

 

そこで、今回も同様に妊娠中の運動に関する論文をご紹介したいと思います。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/29899050/?i=298&from=obstetrics%20gynecology&filters=RandomizedControlledTrial

 

こちらの論文では、妊娠中の運動が産前産後の鬱に効果があるか検証しています。

 

方法としては、妊娠16週未満の妊婦さんを運動しない群54名と、1回60分の運動を週に3回行う群70名に分けて、妊娠38週と産後6週の時点での鬱症状について評価しました。

 

鬱症状に関しては、Epidemiological Studies-Depression Scale という海外で作られた鬱症状を評価する方法を使っています。

 

http://www.tmd.ac.jp/gradh/bi/selfcheck.html

 

こちらの東京医科歯科大学さんのホームページでは、アンケート方式でこの評価システムを試してみることができるので、興味のある方は試してみて下さい。

 

そして、この鬱症状を評価するシステムを使った結果、どちらの群も妊娠12〜16週での鬱症状は18〜20%だったのですが、妊娠38週での鬱症状は、運動群で18.6%だったのに対し、運動しない群では35.6%になり、産後6週間では運動群14.5%、運動しない群29.8%となっていました。

 

この結果から、妊娠中に運動することは、産前産後の鬱症状をある程度は予防する効果があると言えそうです。

 

以前のブログでも、早産と運動に関する論文を紹介しましたが、今回の論文でも妊娠中の運動にはメリットがあると言えそうですね。

 

さすがに競技レベルのハードな運動は難しいとは思いますが、リフレッシュを兼ねて可能な範囲で運動を取り入れてみてはどうでしょうか。