東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

遺伝する卵巣癌や乳がんについて

「遺伝性乳癌・卵巣癌症候群」という名前を聞かれたことはあるでしょうか。

 

数年前にハリウッド女優のアンジェリーナジョリーさんが予防的に乳房や卵巣・卵管を切除した際に少し話題になったのですが、乳がんや卵巣癌が遺伝性に発生してしまう家系というのが存在し、それに対してアンジェリーナジョリーさんは、予防的に手術をして乳房も卵巣も切除した、ということがありました。

 

そこで、今回はこの「遺伝性乳癌・卵巣癌症候群」について説明していきたいと思います。

 

まず最初に、遺伝性乳癌・卵巣癌症候群を疑うサインについてです。

 

f:id:obgyne:20191007171036p:plain

リスク評価

ファルコバイオシステムズさんのHPより

http://www.falco-genetics.com/brca/medical/leaf/pdf/familial_01.pdf

 

かなり細かい分類になっていて読みにくいかと思いますが、いくつかわかりにく用語もあるので、説明しておきます。

 

・若年性乳癌:50歳以下で診断された乳癌

 

・トリプルネガティブ乳癌(エストロゲン受容体陰性、プロゲステロン受容体陰性、HER2陰性)

 

・2つ以上の原発性乳癌(両側の乳癌、片側に複数の別の乳癌など、年齢は問いません)

 

 

・血縁者とは、第1度近親者・第2度近親者・第3度近親者のことで、詳しくは以下をご確認ください

 

f:id:obgyne:20191007170300p:plain

家系図

 

 

 

 

上の表で示したサインに当てはまる方は、臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーなどの専門家による詳しい評価が勧められています。

 

相談できる病院はこちらから探せますので、ご本人・ご家族に当てはまる方がいる場合には、一度ご相談してみてください。

http://www.hboc.info/where/