東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

トイレが近くなる過活動膀胱という状態

トイレが近い

 

トイレに行くまで我慢するのが大変

 

こういった症状を感じている方は、日本国内で800万人近くいると言われています。

 

こういった状態の原因には様々なものがあります。

 

例えば、膀胱炎や膀胱結石、糖尿病、薬の副作用、まれに膀胱癌などが考えられます。

 

そういったものを疑って検査しても何も見つからなかったり、見つかって治療しても症状が改善しない時に、

 

過活動膀胱

 

と言う状態が関係している可能性が出てきます。

 

 

膀胱は、腎臓で作られる尿を一時的に溜めておく場所で、500ml近い尿を溜めることができます。

 

膀胱が尿でいっぱいになると、神経を通して脳に信号が送られ、尿意を催します。

そして、トイレに行くと、脳から信号が出て、膀胱が収縮して排尿します。

 

この流れのどこかが上手くいかないと、排尿のトラブルに繋がります。

 

過活動膀胱もその1つで、文字通り膀胱が活動しすぎる状態と言えます。つまり、膀胱にそれほど尿が溜まっていないのに、膀胱が収縮して尿を出そうとし、急に尿意を催すのです。

 

原因はよくわかっていませんが、加齢や精神的ストレス、膀胱のセンサーが過敏になっている可能性や自律神経の乱れなど、いろいろなことが関係していると考えられています。

 

過活動膀胱かどうかは次の質問票で調べることができます。

 

f:id:obgyne:20190515183655j:image

 

この質問票で過活動膀胱の可能性が高い場合は、泌尿器科を受診して相談するようにしましょう。

 

また、自宅で出来る改善方法として、以下の方法も試してみてください。

 

トイレの間隔を少しずつ伸ばす

頻尿が続くと膀胱が縮んでしまい、症状が悪化することも考えられます。

それを防ぎ、トイレの回数を減らすために、尿意を我慢する訓練も効果があります。

 

最初は数分間からの我慢から始めて、少しずつ時間を伸ばすようにしましょう。

 

骨盤底筋を鍛える

お腹には力を入れず、肛門や腟を締めることを意識しましょう。

毎日気がついた時に繰り返すことで徐々に鍛えられていきます。

イメージとしては、オナラが出そうになった時に我慢するような動きです。

 

このように自分で対策してみても改善しない場合には、内服薬で治療することもできるため、お近くの泌尿器科で相談してみて下さい。