東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

ピルの副作用 不正出血について

ピルの副作用の大きな一つとして

 

不正出血

 

があります。

 


ピルを飲み始めた周期別に不正出血の確率を比較すると

 

1周期目が35%

 

2周期目が25%

 

3周期目は20%

 

6周期目には13%


と、内服を続けることで、不正出血の確率を減らすことができます。


ただし、長期間出血が続く場合には、悪いもの、すなわち癌が無いかどうかを調べたり、クラミジアや淋菌感染がないか調べる必要があります。


特に子宮頸がんに関しては、ピルを長期間内服することで、子宮頸がんのリスクが上昇する、という論文があります。

 


癌やクラミジア・淋病の検査をして否定できれば、出血していてもピルは続けてもらっても大丈夫です。

 

飲む時間が大きくずれたり、飲み忘れがあったりすると不正出血しやすく、それに応じて避妊の効果も落ちる可能性があるので、気をつけて下さい。


ピルを簡単に処方して血栓症の説明をしないクリニックもあるようですが、ピル内服中の不正出血に対して、しっかり癌のリスクを説明するクリニックで処方してもらってくださいね。