東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

生理痛が酷くなれば生理以外でも痛くなります

時々、下腹部が痛くて他の病院を受診したのに、婦人科的には何もないですよ、と言われて困っている方がいらっしゃいます。

 

よくよく聞いてみると、普段の生理痛はかなり重い、とのこと。

 

それで超音波で診察してみるのですが、確かに子宮や卵巣には異常が見当たりません。

 

しかし、超音波で何も見つけられなくても、生理痛の原因となる「子宮内膜症」という病気は存在します。


子宮内膜症とは、子宮の内側にある内膜組織が子宮から外に飛び出して、そこで育ってしまうことで、強い痛みの原因になります。

 

子宮内膜症により子宮が腫れた場合には「子宮腺筋症」、卵巣が腫れた場合は「チョコレート嚢腫」や「内膜症性嚢胞」と呼んだりします。これらは、超音波検査で見つけることができます。

 

ただ、子宮や卵巣ではなく、腹膜というお腹の中の膜に内膜組織が育ったり、子宮や卵巣の表面に1センチにも満たない内膜組織がプツプツと育つことがあり、それは超音波では決して見ることができないのです。

 

手術をして初めて確認できますが、その確認のためだけに手術をするのは当然やりすぎです。

 

そのため、生理痛がひどくて、生理以外の時にも痛みが出る時には、まずは治療を考えないといけません。

 

低用量ピルや漢方薬、ミレーナであったり、ディナゲストであったり。

 

もし、お腹の痛みで婦人科を受診し、生理痛も重いのに、超音波で何もないから「問題ない」と言われた場合には、内膜症としての治療を考えてくれる病院の受診をおススメします。