東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

婦人科一般

HPVワクチンが不妊症の治療になる可能性

Clinical and prognostic significance of human papillomavirus DNA in the sperm or exfoliated cells of infertile patients and subjects with risk factor... - PubMed - NCBI こちらの論文では、290人の男性を対象にHPV感染と不妊に関する検証をしてい…

性行為の後の出血って大丈夫?

婦人科外来では不正出血で受診される方は非常に多く、そのほとんどがホルモンバランスの乱れであったり、中にはクラミジアや淋病が見つかることがあります。 そんな中でも、子宮頸癌や子宮体癌のように悪いものから出血していることも稀にあります。 そこで…

ニキビ治療が性生活に悪影響を及ぼす可能性

ニキビ治療で塗り薬を使ったりピルを内服する方もいると思いますが、なかなか治らないニキビに対して「利尿剤」というタイプの薬を使う事もあります。 名前としては、スピロノラクトン(商品名としてはアルダクトンと呼んだらします)という薬です。 この薬に…

女性型の脱毛症について

男性型脱毛症としてAGA治療というものを様々な広告で見かけるようになりましたが、今回はその女性版ともいえる「女性型脱毛症」に関して説明したいと思います。 男性の場合は、前頭部や頭頂部が薄くなっていくことが多いのですが、女性の場合は、頭頂部の比…

下肢静脈瘤と腹痛の関係

慢性的に続く下腹部の痛みと、デリケートゾーンや太腿の裏に血管が浮き出ている方は、 骨盤内うっ血症候群 の可能性があります。 これは、骨盤の中の血流が悪くなってしまい、その結果として、何カ月も続く慢性的な骨盤痛や血管が浮き出る「静脈瘤」という状…

多毛に悩む方へ

最近では医療脱毛が広がってきていて、多毛の悩む方は減ってきているかと思いますが、どうしても脱毛に抵抗がある方もいるかと思います。 そこで、今回は多毛に関する論文をご紹介したいと思います。 Evaluation and Treatment of Hirsutism in Premenopausa…

子宮腺筋症のコントロールについて

https://www.obgyne.work/entry/2019/10/25/082221 以前、子宮腺筋症という状態について外科的治療に関する論文をご紹介しました。 そこで、今回は内科的な治療に関する説明をしたいと思います。 まず、子宮腺筋症というのは子宮内膜症の一種で、子宮本体が…

卵巣が腫れていると言われたら

お腹が痛みや検診をきっかけに、卵巣が腫れていると言われた方がいると思います。 女性は一生のうちに5~7%の確率で卵巣腫瘍が発生すると言われているため、それほど珍しい状態ではありません。 そして、その治療方針は大きく二つに分かれます。 一つ目は、ま…

子宮の中のポリープは癌なのか?

健康診断などで「子宮にポリープがある」と指摘される方は結構多いのですが、そのポリープには大きく分けて2種類あるのです。 一つは「子宮頸管ポリープ」と言って、腟の奥にある子宮の表面に出来るポリープ。 そして、もう一つは「子宮内膜ポリープ」と言っ…

デリケートゾーンにイボが出来たとき コンジローマかも

デリケートゾーンは比較的、出来物ができやすい部分です。 多くの場合は、毛嚢炎といって毛穴にバイ菌がはいって腫れてしまうケースや、粉瘤といって皮脂がたまる出来物が出来るのですが、中にはコンジローマと言って性感染症による出来物が出来ることがあり…

腫瘍マーカーで感染症の治療効果を予想する

今回は少し専門的な論文になりますが、興味深いものを見つけたのでご紹介したいと思います。 骨盤内感染症と言って子宮から細菌がお腹の中に入り感染を起こす病気についての論文です。 お腹の中の感染は腹痛や発熱の原因となり、軽いものであれば抗生物質で…

クラミジアや淋病の検査、受けていますか?

クラミジア感染症は世界で最も多い性感染症であり、症状が出ないこともあるため、非常に厄介な病気です。 感染したまま放置しておくと、強い腹痛の原因となったり、不妊症の原因になることがあるのです。 クラミジア自体は性行為によって腟の中から感染しま…

ヘルペスの再発予防について

平和島レディースクリニックのブログの方で、妊娠中とヘルペスについて以前書きました。 妊娠中と授乳中の性器ヘルペスについて 妊娠中と授乳中の性器ヘルペスについて - 平和島レディースクリニック そこで、今回はヘルペスの再発予防について説明したいと…

クラミジアや淋病の再検査の大切さ

以前、クラミジアや淋病について平和島レディースクリニックの方のブログで説明したことがありました。 クラミジアと淋菌について - 平和島レディースクリニック そこで、今回はクラミジアや淋病を治療した後のことについての論文をご紹介したいと思います。…

生理痛や避妊に対してミレーナを使った感想

以前、生理痛や避妊に対してミレーナという選択肢がある、というブログを書きました。 www.obgyne.work そして、どうしてもミレーナを入れる時に問題になる痛みについてもブログに書きました。 www.obgyne.work 今回は、実際にミレーナを入れた方々の感想を…

生理の量が多い方の選択肢について

貧血が進むほど生理の量が多かったり、夜用のナプキンが数時間で溢れてしまって困る、など日常生活に影響が出る方の場合、何らかの治療が必要になってきます。 そこで、今回はそんな生理の量が多い方の治療法について説明したいと思います。 現時点で妊娠を…

遺伝する卵巣癌や乳がんについて

「遺伝性乳癌・卵巣癌症候群」という名前を聞かれたことはあるでしょうか。 数年前にハリウッド女優のアンジェリーナジョリーさんが予防的に乳房や卵巣・卵管を切除した際に少し話題になったのですが、乳がんや卵巣癌が遺伝性に発生してしまう家系というのが…

生理って毎月必要?

生理痛や過多月経、PMS(生理の前の調子の悪さ)など、生理関連の調子の悪さで外来を受診される方は非常に多いのですが、時々「もう生理いらないです」と言われることも。 そこで、今回は出来るだけ生理を減らす方法を説明したいと思います。 具体的には低用…

排尿に関するお悩みについて

排尿に関する症状で婦人科を受診される方は非常に多いのですが、中でも一番多いのは「膀胱炎」と「尿失禁」です。そこで、今回はこの二つについて説明したいと思います。 まず、膀胱炎ですが、女性の場合は膀胱から外までの尿道の長さが非常に短いため、膀胱…

女性アスリートが抱える問題

「女性アスリートの三主徴」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? これは、かなり激しいスポーツをしている女性が陥ってしまう「利用可能エネルギー不足」「無月経」「骨粗鬆症」という三つの特徴を表す言葉です。 無月経は、これまでにあった月経が3ヶ…

トイレが近くなる過活動膀胱という状態

トイレが近い トイレに行くまで我慢するのが大変 こういった症状を感じている方は、日本国内で800万人近くいると言われています。 こういった状態の原因には様々なものがあります。 例えば、膀胱炎や膀胱結石、糖尿病、薬の副作用、まれに膀胱癌などが考えら…

笑いの大切さ

今回は、産婦人科とは直接関係のない論文です。 以前から時々「笑い」というのが健康に良い、という話を聞くことがあったのですが、それを裏付ける論文を見つけました。 それがこちら。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/30956258/ 山形県で40歳以上の…

繰り返すカンジダに対する治療

婦人科外来をやっていると、デリケートゾーンの痒みを訴える人は本当に沢山来られます。 1日外来をやっていれば、10人以上はいるでしょう。 そんな中で、最もよくある病気が カンジダ です。 これは本当によくありますし、本当によく繰り返します。そして、…