東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

ブログ移行のお知らせ

今まで100記事ほど書いてきたのですが、ちょっとブログを移行しようと思います。 というのも、平和島レディースクリニックのブログを書いていた時は、同じくらいの記事数で毎日500人ほどの方に見てもらえていたんですね。 ところが、今は100人程度。 書いて…

お題「今日のおやつ」

お題「今日のおやつ」 おやつ、食べないです。 と言ったら身も蓋もないので、今までおやつを食べてきたことを振り返ると、当直中に良く食べていたことを思い出します。 一番勤務が過酷だった時は、朝8時には病院に行き、病棟で入院患者さんを診た後、9時から…

お題「思い出のWebサービス」

お題「思い出のWebサービス」 高校生の頃、@niftyというサービスがありました。 当時はパソコン通信と呼んでいた気がするのですが、インターネットのごく初期の時代で、今のように光回線なんてものはなく、ADSLもなく、純粋に電話回線につないで通信できるも…

お題「これって私だけ?」

お題「これって私だけ?」 小学生の頃、太陽を肉眼で見るのが大好きでした。。。 本当はダメなんですよ、肉眼なんかで見るのは。 でも、なぜか太陽を見るとクシャミが出るんです。 クシャミって出ると少しスッキリするじゃないですか。 だから、小学生の頃は…

過活動膀胱が性機能に及ぼす影響

トイレが近くなる過活動膀胱という状態 - 東日本橋レディースクリニック 以前、過活動膀胱という状態について説明しました。 今回は、その過活動膀胱と性機能障害について書きたいと思います。 まず、性機能障害とは性交時の痛み、腟の痛みを伴う痙攣、性欲…

過敏性腸症候群の方の性生活に関する問題

過敏性腸症候群という名前を聞いたことはあるでしょうか? これは、小腸や大腸に病気などの異常が見つからないのに、便通の異常や腹部の不快な症状が続く病気のことです。 女性のほうが多く、年齢とともに減ってくることがわかっています。命に関わる病気で…

帝王切開の傷が感染しないように

2013年での日本での帝王切開率は18%と言われています。また、世界的にも帝王切開の比率は3割近くになっています。 帝王切開は赤ちゃんにとってはストレスの少ない出産方法ですが、お母さんにとってはお腹を切ることになるため、負担が大きく、帝王切開率をそ…

子宮内に入れるミレーナについて

今回は、生理痛や生理の量が多い方の治療法となるミレーナについての論文をご紹介したいと思います。 基本的なことはこちら。 生理痛について その4 ミレーナ - 東日本橋レディースクリニック そして、今回ご紹介する論文はこちら。 Treatment of symptomati…

子宮腺筋症のコントロールについて

https://www.obgyne.work/entry/2019/10/25/082221 以前、子宮腺筋症という状態について外科的治療に関する論文をご紹介しました。 そこで、今回は内科的な治療に関する説明をしたいと思います。 まず、子宮腺筋症というのは子宮内膜症の一種で、子宮本体が…

卵巣が腫れていると言われたら

お腹が痛みや検診をきっかけに、卵巣が腫れていると言われた方がいると思います。 女性は一生のうちに5~7%の確率で卵巣腫瘍が発生すると言われているため、それほど珍しい状態ではありません。 そして、その治療方針は大きく二つに分かれます。 一つ目は、ま…

妊娠したいけど生理痛もつらい

以前、妊娠を希望しているけれど、生理痛が辛い方にデュファストンという薬を継続して内服する効果について解説しました。 https://www.obgyne.work/entry/2019/10/12/180000 今回は、また違うお薬で、ロイコトリエン拮抗薬という薬を紹介したいと思います。…

デリケートゾーンにイボが出来たとき コンジローマかも

デリケートゾーンは比較的、出来物ができやすい部分です。 多くの場合は、毛嚢炎といって毛穴にバイ菌がはいって腫れてしまうケースや、粉瘤といって皮脂がたまる出来物が出来るのですが、中にはコンジローマと言って性感染症による出来物が出来ることがあり…

妊娠中の薬と子供の発達障害について

以前、不眠や不安障害の時によく使われるベンゾジアゼピン系という薬と妊娠の関係について書いたのですが、今回は同じようにベンゾジアゼピン系の薬や、ベンゾジアゼピン系の薬と似たような作用を持つ睡眠薬と、妊娠の関係について調べた論文をご紹介したい…

腫瘍マーカーで感染症の治療効果を予想する

今回は少し専門的な論文になりますが、興味深いものを見つけたのでご紹介したいと思います。 骨盤内感染症と言って子宮から細菌がお腹の中に入り感染を起こす病気についての論文です。 お腹の中の感染は腹痛や発熱の原因となり、軽いものであれば抗生物質で…

赤ちゃんのために禁煙する方法

以前から喫煙が妊娠に与える影響についてブログに書いてきました。 喫煙が妊娠に与える影響 - 東日本橋レディースクリニック そこで、今回はどうすれば禁煙できるかについて書きたいと思います。 もちろん、シンプルな方法は禁煙外来に通ってもらうことなの…

お産の傷を軽くする方法

経腟分娩をする時、特に初めてのお産の方であれば、どうしても会陰裂傷という傷が外陰部に出来てしまいがちです。 赤ちゃんの頭の大きさに比べて、腟の出口の広がりが足りないために裂けてしまったり、あるいは予防的に会陰切開と言って、切って広げることも…

クラミジア感染症と早産の関係

赤ちゃんが生まれる週数は妊娠37週以降を正期産と言って、赤ちゃんにとってよりリスクの少ない時期として定義されています。 そのため、妊娠36週以前に生まれることを早産と呼び、赤ちゃんにとっては週数が早ければ早いほど、リスクを伴うことになります。 …

クラミジアや淋病の検査、受けていますか?

クラミジア感染症は世界で最も多い性感染症であり、症状が出ないこともあるため、非常に厄介な病気です。 感染したまま放置しておくと、強い腹痛の原因となったり、不妊症の原因になることがあるのです。 クラミジア自体は性行為によって腟の中から感染しま…

ヘルペスの再発予防について

平和島レディースクリニックのブログの方で、妊娠中とヘルペスについて以前書きました。 妊娠中と授乳中の性器ヘルペスについて 妊娠中と授乳中の性器ヘルペスについて - 平和島レディースクリニック そこで、今回はヘルペスの再発予防について説明したいと…

生理痛や避妊に対してミレーナを使った感想

以前、生理痛や避妊に対してミレーナという選択肢がある、というブログを書きました。 www.obgyne.work そして、どうしてもミレーナを入れる時に問題になる痛みについてもブログに書きました。 www.obgyne.work 今回は、実際にミレーナを入れた方々の感想を…

妊娠中のむずむず脚症候群について

・むずむず脚症候群とは 主に脚(人によっては脚だけではなく腰や背中、腕や手に症状が現れる場合もあります)にむずむずする、ぴりぴりする、かゆみ、痛みなどの強い不快感が現れる症状です。 特に夕方から夜間にかけて症状があらわれる事が多く、睡眠不足…

生理痛と蜂の関係

今回ご紹介する論文はこちら The effect of bee prepolis on primary dysmenorrhea: a randomized clinical trial. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31538079 生理痛の事を月経困難症と呼びますが、月経困難症には、原発性と続発性があります。 原発性…

生理の量が多い方の選択肢について

貧血が進むほど生理の量が多かったり、夜用のナプキンが数時間で溢れてしまって困る、など日常生活に影響が出る方の場合、何らかの治療が必要になってきます。 そこで、今回はそんな生理の量が多い方の治療法について説明したいと思います。 現時点で妊娠を…

妊娠中は仕事を制限した方がいいのか

妊娠初期によく聞かれる質問の一つに 仕事をどうすればいいのか ということがあります。 今回はそんな仕事と妊娠に関する論文をご紹介したいと思います。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0002937819311433 The impact of occupatio…

抗癌剤の副作用で髪の毛が抜けてしまうこと

乳がん治療で抗癌剤を使った時、様々な副作用が生じるのですが、中でも脱毛はかなりの確率で起きてしまうことになります。 治療が始まって2〜3週間してから脱毛が始まり、頭髪の8割以上が脱毛する方は9割を超えると言われています。 抗癌剤の治療が終われば…

喫煙が妊娠に与える影響

以前、喫煙によって早産の確率が上がる論文についてご紹介しました。 https://www.obgyne.work/entry/2019/09/09/174749 今回は、喫煙と奇形についての論文をご紹介したいと思います。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/30790570/ こちらの論文では、…

妊娠中の運動について

先日、妊娠中の運動についてのブログを書きました。 www.obgyne.work この時のブログでは、対象となった人数が少ないものの、妊娠中の運動制限で早産は減らず、むしろ多少運動したほうが早産は減るのではないか、という結論でした。 そこで、今回はもう少し…

自閉症の予防策

今回は、妊娠中のサプリ内服が子供の自閉症スペクトラム障害にどのような影響を与えるか、という論文をいくつかご紹介したいと思います。 まず、1つ目はこちら。 https://jamanetwork.com/journals/jamapsychiatry/article-abstract/2726608 こちらの論文で…

陣痛促進剤は悪なのか

皆さんは陣痛促進剤に対して、どのようなイメージを持っているでしょうか。 陣痛促進剤を使ったことで赤ちゃんが亡くなってしまった、という裁判があったりして、あまり良いイメージを持ってない人もいるかと思います。 陣痛促進剤そのものではなく、その使…

帝王切開の後の痛みについて

時々、昔ながらの価値観の方は「帝王切開は楽、下から産んでこそ」なんて言うことがあるようですが、沢山の帝王切開をしてきた身としては全力で否定させて頂きたいと思います。 もちろん、手術の時はしっかり麻酔をするので、赤ちゃんが生まれる時点での痛み…