東日本橋レディースクリニック

東日本橋にある駅チカクリニックです。診察中には説明しきれない事を中心に女性医療に関する事を書いています。

腰痛がビタミンDで改善する?

以前、手術による痛みがビタミンCにて軽快する可能性についてブログに書きました。

 

ビタミンCが手術の痛みを改善する可能性 - 東日本橋レディースクリニック

 

そこで、今回は同じサプリ繋がりでビタミンDと腰痛に関する論文を見つけたのでご紹介したいと思います。

 

Evaluation of vitamin D levels in patients with chronic low back-leg pain. - PubMed - NCBI

こちらの論文では、慢性的な腰痛・下肢痛を訴える145人(女性103人、男性42人)を対象に、血液中のビタミンDの濃度と痛みの関係について評価しています。

ビタミンD血中濃度としては、30 ng/ml以上を正常、21-29 ng/mlを低下群、20 ng/ml以下を欠乏群としました。

33人(22.8%)が欠乏群、62人(42.8%)が低下群、50人(34.5%)が正常群でした。

 

その結果、痛みの強さとビタミンDの濃度に関係は認められませんでした。一方で以下で示すODIスコアという腰痛と日常生活の制限について評価するスコアでは、欠乏群:18.78、低下群:15.46、正常群:14.52と、ビタミンD欠乏群が最も腰痛・下肢痛によって日常生活に制限があることがわかりました。

 

ODIスコアはこちら

f:id:obgyne:20191111181323j:image

 

 

 また、腰痛とビタミンDの関係を示した論文は他にもあります。

Mapping the Association between Vitamin D and Low Back Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies. - PubMed - NCBI

こちらの論文でも、ビタミンD血中濃度が低い人ほど腰痛があることが示されています。この論文の中では、男性ではあまり特徴的な傾向は無かったものの、60歳未満の女性では、ビタミンD濃度の低さと腰痛の関係性が良く認められました。

 

では、ビタミンDのサプリを飲めば、ビタミンD血中濃度が上昇して、腰痛が改善するのでしょうか。

それを評価した論文がこちらです。

 

Is Vitamin D Supplementation Effective for Low Back Pain? A Systematic Review and Meta-Analysis. - PubMed - NCBI

こちらの論文では、ビタミンDプラセボ群、何も治療しない群、保存治療群、他の薬物治療群とを比較したところ、ビタミンDでの治療が効果的、という結果は出ませんでした。。。

 

今までの経緯から言うと、ビタミンDが少ないと腰痛が出る。だからビタミンDを補充すれば改善するはずだ、と予想されたのですが、結果はそうならなかったのです。

 

これはビタミンDのサプリの種類別に検討したり、腰痛の原因として、骨粗しょう症や圧迫骨折から来ている腰痛との比較をしてみても、結果は同じ、、、ビタミンDのサプリは摂っても摂らなくても結果は同じだったのです。

 

以上のことから言えるのは、ビタミンDが少なくなるから腰痛が起きているのではなく、腰痛が起きた結果としてビタミンDが下がっている、もしくは、ビタミンDと腰痛には直接的な関係は全くない可能性があります。

 

ただし、例外をまとめた論文もあります。

 

それがこちら。

 

Vitamin D supplementation may improve back pain disability in vitamin D deficient and overweight or obese adults. - PubMed - NCBI

 

こちらの論文では、ビタミンDサプリと腰痛に関し、体重の重い女性に限定して検証しています。

 

BMIが25 kg/m2以上の65人の女性が対象であり、ビタミンD欠乏症(25(OH)DというビタミンDの数値が50 nmol/L以下)である方たちを二つのグループに分け、一方はプラセボ群、もう一方は100,000 IUのビタミンD を内服した後に、1日4,000 IUを16週間継続しました。

 

その結果、ビタミンD 摂取群もプラセボ群も腰痛に関して違いはありませんでした、、、

 

しかし、25(OH)Dが30nmol/l以下の方に限定して検討すると、明らかに腰痛が改善していたのです。

 

対象となった方の人数がかなり少ないものの、体重が重くてビタミンD血中濃度が低い方の腰痛にはビタミンDのサプリが効くのかもしれません。

 

ただ、この論文での1日目のビタミンD の量が100,000 IUなんですが、国内のサプリを見てみると、だいたい1粒=500〜1000IUとなっています。そうなると、100〜200粒も飲むことになり、全く現実的ではありません。

 

初日の大量内服はさておき、それ以降であれば1日4,000 IUとなるため、比較的現実的な量になるかと思います。

 

それでも、16週間というと結構な期間ですし、何よりビタミンD血中濃度が低い場合に限られた結果なので、もし気になる方は一度かかりつけで血中濃度を調べてみるのは一つの手かも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

お題「今日のおやつ」

お題「今日のおやつ」

 

おやつ、食べないです。

 

と言ったら身も蓋もないので、今までおやつを食べてきたことを振り返ると、当直中に良く食べていたことを思い出します。

 

一番勤務が過酷だった時は、朝8時には病院に行き、病棟で入院患者さんを診た後、9時から外来。ノンストップで1時過ぎまで診察があり、1時から予定されている手術へ。

 

時間的に無理がある予定の組み方ですが、そうでもしないと手術の終わる時間が遅くなってしまい、他のスタッフの過重労働に繋がる訳です。

 

そのためお昼ご飯は食べられないし、昼休みなんて全くない前提で予定を組みます。

 

幸い、外来をやっている診察室から手術室へ向かう途中に売店があるので、そこでウィダーインゼリーを買って、手術室に向かう途中に流し込みながら、何とか空腹を抑えて手術に向かうことも日常茶飯事でした。

 

そんな忙しさの中でも、当直があると、そのまま次の日の朝まで病院内に泊まり込みます。

こう書くと、次の日の朝に帰れるのかと思われがちですが、そのまま次の日の通常勤務が始まります。

 

つまり、朝8時に始まった勤務が、翌日の夜まで続くのです。実に40時間に違い連続勤務、、、

 

そんな中でも、当直の時間帯は少しだけゆっくりできる事があります。そうなってくると、不思議とオヤツが食べたくなるんですね。

 

連続勤務からのストレスで食べてしまっていたのでしょう。

 

院内の売店でプチシリーズを買っては、その日のうちに何本も食べてしまう事も、、、

 

f:id:obgyne:20191120083201j:image

 

太りそうなものですが、お昼ご飯を抜いているので、不思議と体重は増えませんでした、、、

 

そんなオヤツ漬けの当直でしたが、開業して当直というものがなくなると、本当におやつを食べる事がなくなりました。あの時のような連続勤務から来るストレスから解放されたからだと思います。

 

これからも、プチシリーズに手を出したら何かストレスがあるのではないか、という指標にしたいと思います。

 

 

 

お題「思い出のWebサービス」

お題「思い出のWebサービス」

 

高校生の頃、@niftyというサービスがありました。

 

当時はパソコン通信と呼んでいた気がするのですが、インターネットのごく初期の時代で、今のように光回線なんてものはなく、ADSLもなく、純粋に電話回線につないで通信できるものがあったんです。

 

なので、パソコン通信をしている間は家の固定電話が使えない、という。。。

もちろん携帯電話なんてない時代でした。

 

それで、その@niftyにはチャットで全国の人とやりとりできる場所があって、みんなが思い思いに好きなことを話していたんですね。

チャットなので、どんどん会話が流れていって、自分が答えを入力する頃には、もうその話題はとっくに流れた後なんてよくありました。

 

そこで、私はどうしてもタイピングが早くなりたいと思い、父にタイピングソフトを買ってもらったのです。

 

今ならゲーム要素の多少あるタイピングソフトも沢山あると思うんですが、当時は無味無臭、無色透明のひたすら表示されている言葉を入力するだけのソフトでした。

 

それでもコツコツ練習し、徐々に入力するのが早くなっていくと、今度はパソコン通信のチャットが遅く感じるようになっていきました。

 

自分が入力しても、なかなか他の人の返事が来ない。やっと来たと思ったら、とても短い文章。

 

せっかくタイピングを練習したのに、結局チャットのスピードの遅さが逆にストレスになって、辞めてしまう結果になりました。

 

その後、無事大学に合格し、クラスでパソコンの授業があった時、ダントツでクラス1番のタイピングスピードだったのは良い思い出です。

 

ちなみに、医師として働き始めて、一番役に立っているスキルも、やはりタイピングです。

 

研修医の頃は、指導医レベルの先生方が人差し指で一つ一つタイピングしているのを見て、何て時間がもったいないんだ、と思ったものです。

 

ということで、まだタイピングスピードがゆっくりの方は頑張ってタイピングを練習しましょう。

 

本当に役に立ちます。

入りにくいお店にも入っていこう

 

 

www.obgyne.work

www.obgyne.work

  

大好評、入りにくい店にも入ってみようシリーズ第三弾

 

今回訪ねたのは、読めない漢字でお馴染みの「馥や」さん

 

tabelog.com

 

どうしても「はらや」と読んでしまうのですが「ふくや」さんです。

 

f:id:obgyne:20191111230725j:image

 

この通り、こじんまりとした外観で、入り口が低い!!一見さんお断りという雰囲気は、先日の寿司屋「さとう」さんに通じるものがあります。

 

そうは言っても、私にはクリニックの近くのお店を開拓するという大切な使命があります。

 

勇気を振り絞って入りました

 

・・・

 

満席で空いてませんでした、、、

 

どうやら大人気のお店のようです。

 

そこで日を改めて伺うことにしました。伺ったのは平日夜9時頃。

 

今度は辛うじて1テーブルだけ空いていました。他のお客さんは2人組や3人組で来られている方たちばかり。

 

お一人様は私だけでした。

 

しかし、寿司屋「さとう」さんで1人カウンター寿司をクリアした私には怖いものなど何もありません。

 

そう自分に言い聞かせながら、メニューを見ると、蕎麦の種類がいくつもあり、お腹が空いていたので「太めのそば」ならお腹も満たされるだろうと注文。

 

それだけでは足りない気がしたので、焼き鳥もお任せで頼みました。

 

いつも通り、お酒は飲めないのでお茶を注文、、、すいません、飲食店はドリンクの利益率が高いのはわかっているのですが。。。

 

そんな気まずさを覚えているうちに早速料理が来ました。

 

ん?頼んでないような、、、

 

「お通しです」

 

と持ってきてもらったのが、その辺のお通しとは別格。

 

f:id:obgyne:20191111231549j:image

 

これだけで普通にアラカルトとして成立するような料理です。

お茶しか頼んでいないのにすいません。。。

 

左からジャガイモの何か、きゅうり、何か、ほうれん草、鴨のたたき、と「何か」が幾つか入りましたが、とにかくどれも美味しい!

 

あっさりとした味付けで非常にレベルが高いお通しです。

 

そして、次に来たのがおまかせ焼き鳥。

中でも、このレバーが別格です。レバー独特の臭みは当然全くありません。そういったレバーは「濃い」味わいがあるのですが、このレバーは不思議としつこい「濃さ」がないのです。

アッサリしているとまでは言わないのですが、アッサリしている中にほんのり濃さがあるというか、とても不思議な味わいのレバーでした。

 

レバー好きの方は一度試してみてください。

f:id:obgyne:20191111231744j:image

 

そして、いよいよ蕎麦の登場です。

 

f:id:obgyne:20191111232010j:image

 

期待通りの太麺で、一本一本が少し短めのため、ずるずるっと勢いよくすするよりも、一口一口を味わって食べていく感じ。それが普通のそばと違って、また味わい深いのです。

 

そして、勧められたのが「塩」を付ける食べ方。そんな食べ方をしたことがないので、半信半疑で食べてみたら、本当に塩が合うんです。

 

結局、最初の一口だけそばつゆにつけて、あとは全部「塩」で頂きました。

 

大満足です。

 

唯一難点があるとすれば、壁際の椅子がカッチカチの木の板で、しかも奥行きがめちゃくちゃ浅い。

 

長くゆっくり過ごすにはお尻が耐えられませんでした。

 

店長さんがお一人で料理されているようで、混んでる時には料理が出るまで結構時間がかかるとの情報もあり、また比較的空いてる時間を狙って伺いたいと思います。

 

お題「これって私だけ?」

お題「これって私だけ?」

小学生の頃、太陽を肉眼で見るのが大好きでした。。。

本当はダメなんですよ、肉眼なんかで見るのは。

でも、なぜか太陽を見るとクシャミが出るんです。

クシャミって出ると少しスッキリするじゃないですか。

だから、小学生の頃は、頻繁に太陽を見ては、わざとクシャミをしていました。


さすがに大人になってからはやらなくなりましたけど、代わりに別のものでクシャミが出るようになりました。

 

それは

 

<b>チョコレート</b>

 

というよりカカオです。

 

甘いチョコレートではまず出ないんですが、カカオ濃度が高いと鼻がムズムズしてきて、決まって2~3回はクシャミが出るんです。

 

きっとアレルギーだと思うんですが、濃いチョコレートだと確実にクシャミが出るんです。

 

チョコレートが大好きなので、毎回クシャミをしながら食べています。

 

これ以上アレルギー症状がひどくならないように祈りながら。。。

 

お茶うがいでインフルエンザ予防?

インフルエンザが流行り出していますが、皆さんワクチンは打ちましたか?

 

ワクチンを打っても感染することはあります。また40度高い熱が出ることもあります。しかし、ワクチンを打つことで感染の確率を下げたり、入院しないといけなくなるほど悪化する確率を下げることが出来ます。

 

まだワクチンを打ってない方は、早めに打ってくださいね。

 

さて、今回はワクチンとは別のインフルエンザ予防について説明したいと思います。

 

それはお茶でウガイをするという方法です。

 

まずはこちらの論文から。

 

Gargling with tea catechin extracts for the prevention of influenza infection in elderly nursing home residents: a prospective clinical study. - PubMed - NCBI

 

この論文では、老人ホームに入っている65歳以上の124名を対象に、茶カテキンで1日3回ウガイをする76名と、水で1日3回ウガイをする48名に分かれてもらい、インフルエンザ感染について調べています。

全員、インフルエンザワクチンも打っています。

 

カテキンでのウガイで使ったものには、200μg/mlのカテキンが含まれており、そのうち60%はエピガロカテキン3-ガラートという種類のカテキンです。500mlのペットボトルでいえば、100mgのカテキンが含まれることになります。

「おーいお茶」で言うと、普通の500mlペットボトルにはカテキンが200mg、トクホの方は500mlで400mg入っています。

濃度的には市販の普通の緑茶でも大丈夫と言えそうです。

 

その結果、インフルエンザに感染したのは、茶カテキンうがいで1.3%(1名)、水ウガイで10%(5名)という結果になりました。

 

対象となった人数は非常に少ないのですが、この結果だけから言うとカテキンでのウガイ効果はかなり高いことが期待できます。

 

そこで、同じようにカテキンうがいの効果を調べた論文を探したのですが、、、ほとんどないんです。

 

そのうちの一つがこちら

 

Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: a randomized controlled study. - PubMed - NCBI

 

こちらの論文では、2011年12月から2012年2月にかけて、静岡県の高校生757人を対象に、緑茶でのウガイ効果を検証しました。

 

緑茶で1日3回うがいをするグループが384人、水で1日3回うがいをするグループが363人です。

 

その結果、緑茶でうがいしたグループでは19人(4.9%)、水でうがいしたグループでは25人(6.9%)がインフルエンザを発症し、明らかな予防効果は認められませんでした。

ただし、高校生年代でしっかりと1日3回のウガイが出来ていなかった、という問題点は指摘されています。

 

最初にご紹介した老人ホームでの検証の方が、施設に入っている方のウガイだったので、ある程度厳密にウガイ回数を確保できた可能性が高いと言えますね。

 

このように緑茶によるウガイには、インフルエンザを予防する効果があるのかもしれません。特別な薬が必要な訳でもなく、比較的手軽に試せる方法なので、緑茶ウガイを試してみてはどうでしょうか?

 

PCOに対するサプリの効果

以前、PCOという状態について説明しました。

 

多毛に悩む方へ - 東日本橋レディースクリニック

 

卵巣自体が排卵しにくい体質になっていて、その結果として生理不順になったり、不妊につながるのですが、今回はそんなPCOという状態に対して、さまざまなサプリがどのように影響するかを調べてみました。

 

まず最初の論文はこちら。

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28107851-effect-of-vitamin-d-supplementation-on-polycystic-ovary-syndrome-a-systematic-review-and-meta-analysis-of-randomized-controlled-trials/?from_term=supplementation+polycystic&from_page=1&from_pos=2

 

こちらの論文では、502名のPCOの方にビタミンDを内服してもらって、その効果を検証しました。

 

その結果、卵巣の中の卵胞の育つ数(卵胞の中に卵子があり、育った卵胞が排卵することで妊娠の可能性が出てきます)は2.34倍、メトホルミンという薬だけを飲む時に比べて、生理が順調になる確率は1.85倍になっていました。

 

メトホルミンという薬は糖尿病の時に使う薬で、PCOの方が飲むと排卵機能が改善する効果があると言われています(保険適応ではないので、不妊治療の時に自費で処方することのある薬です)

 

このようにビタミンDにはPCOによる生理不順を改善する一定の効果が期待できると言えそうです。

 

次にご紹介する論文はこちら。

 

The influences of vitamin D and omega-3 co-supplementation on clinical, metabolic and genetic parameters in women with polycystic ovary syndrome. - PubMed - NCBI

 

こちらの論文では、ビタミンDとオメガ3脂肪酸というサプリの効果を検証しています。

 

対象となったのは18〜40歳のPCOの女性60名です。彼女たちをサプリ群とプラセボ群(何も効果のない粒を飲む群)、それぞれ30名ずつに分けました。

 

サプリ群の女性は、2週間に1度、50,000IUという量のビタミンDを内服し、毎日2000mgのオメガ3脂肪酸も内服して、12週間に渡って経過を観察しました。

 

その結果、サプリ群ではベック鬱病調査の指標が改善しました。

 

ベック鬱病調査とは、こちらに説明してあるような鬱病に関するアンケートのことです。

http://www.sannoclinic.jp/bdi.html

 

また、DASS(鬱病不安ストレススケール)という、うつ状態や不安に関するアンケートに関してもサプリ群で改善が認められました。

 

ビタミンDに関しては、この論文の他にもプロバイオティクスと一緒に併用することでPCOの方の体調が改善したという論文があります。

 

Vitamin D and probiotic co-supplementation affects mental health, hormonal, inflammatory and oxidative stress parameters in women with polycystic ova... - PubMed - NCBI

 

こちらの論文では、サプリ群の女性に、2週間に1度、50,000IUという量のビタミンDを内服してもらい、毎日80億CFUという量のプロバイオティクスを内服して、12週間に渡って経過を観察しました。

 

その結果、やはりベック鬱病調査もDASSも改善が認められたのです。

 

そして、ベック鬱病調査・DASSの改善が認められたのは、オメガ3脂肪酸・ビタミンEでも報告されています。

 

The effects of omega-3 and vitamin E co-supplementation on parameters of mental health and gene expression related to insulin and inflammation in sub... - PubMed - NCBI

 

こちらの論文では、1000mgのオメガ3脂肪酸と400IUという量のビタミンEを連日内服してもらい、12週間経過を見たところ、同様に鬱・不安に関するアンケート結果が改善していたのです。

 

このようにPCOSの方に対する様々なサプリメントの効果が報告されていますので、一度症状に悩まれている方は試してみてはどうでしょうか?